育毛剤とフィナステリド・スピロノラクトンの副作用

aga治療の医者AGAの治療法にもいろいろありますが、日本皮膚科学会のガイドラインで推奨されている医薬品としては、フィナステリドとミノキシジルの2種類があります。
前者は飲み薬で、後者は内服薬と外用薬の両方があります。
内服薬は説明書きに指示された用法・用量を守ることが大切です。
外用薬も原則は同じですが、付け方の工夫も大切です。
AGAの外用薬は、一度に大量に付けても大きな効果は期待できません。
1回分の適量を守り、毎朝毎晩規則正しく使いつづけることが、付け方の基本となります。
効果が現れるまで長くかかることが多いので、即効性がないからといって諦めてはいけません。
治療薬には有効成分の濃度が高いものと低いものがありますが、付け方自体は変わりません。
ただし高濃度の製品は、かぶれや痒みなどの副作用に注意する必要があります。
フィナステリドの内服薬は、脱毛の原因となる男性ホルモンを抑える作用があります。
ただし効果を実感できるまでには、やはり一定の期間が必要です。
また実例は少ないものの、精子の減少や乳房の肥大など、男性が女性化する副作用が現れることがあります。これはスピロノラクトンの副作用としても見られる症状です。
スピロノラクトンは水分の排出を促し、血圧を下げてむくみを取るための薬です。
体内のカリウムの濃度を保つのが特徴で、慢性心不全や高血圧症の改善に用いられます。
効き目がマイルドなので、他の薬と併用されることも多い薬ですが、ホルモンバランスに影響して、生理不順や男性の女性化を引き起こすことがあります。
フィナステリドとスピロノラクトンを同時に使用する場合は、まず医師に相談し、異常が見られたらすぐに服用を中止しましょう。