プロペシアでAGAの悩みを解決しよう

髪の手入れをしている人男性型脱毛症(AGA)は多くの男性の悩みとなる薄毛の症状で、頭頂部や前髪の生え際が薄くなり、徐々に進行していきます。
朝の出勤前に鏡で確認してみると、「あれ、薄くなってる?」と思った頃にはかなり進行している状態で、特に頭頂部は自分では確認しづらい部位となるので、気づいた頃には頭皮が目立つほどにまで進行していることがあります。
AGAは中年の男性に多い症状でしたが、10代の後半からでも現れることがあるので、まだ若いからといって楽観しているといつの間にか進行していることがあるので、時々でも鏡を使ってチェックしておくといいでしょう。
AGAの原因となるのは頭部で高濃度に見られるジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる物質で、男性ホルモンのテストステロンと5α還元酵素が結びつくことで生成されます。
DHTが増えると頭髪のヘアサイクルを乱して抜け毛を促進し、髪の毛の成長を抑えてしまいます。
この悩みを解決する手段として、プロペシアを服用するのが最も効果的な方法と言えます。
プロペシアは成分をフィナステリドとして、5α還元酵素を阻害する作用があるため、AGAの原因となるDHTを抑制することができます。
DHTが抑制されることで、頭皮は正常なヘアサイクルを取り戻し、太く長い毛の成長が可能となりAGAの悩みが解決されます。
ただし、プロペシアによる治療は非常に長い期間を必要とし、早い人でも効果を実感できるまで6ヶ月はかかるとされます。
通常は1~3年前後は必要とされるので、薄毛の進行が酷くなる前に、気づいた時からプロペシアによるAGA治療を開始するのが大切だとされます。
治療を早く開始すれば治る期間もそれだけ早まるので、薄毛に気づいたらすぐに治療を開始するようにしましょう。