フィナステリド成分配合薬品の料金は?

個人輸入について調べている男性フィナステリドとは前立腺がんや前立腺肥大症の治療のため、患者が服用していた医薬品です。
ですがフィナステリドを継続服用していた患者は前述の薬効とは違う意図しない効果が現れました。
その患者はある一定の期間服用することにより毛髪がだんだんと濃くなっていきました。
この現象がきっかけで、フィナステリドは毛髪状況改善に有効だということがわかり、研究が進み医薬品として正式に認可され消費者の手に入るようになりました。
フィナステリド成分が配合されている錠剤医薬品には、プロペシアが有名です。
女性の方は服用できず、経皮吸収も確認されているので、本剤に触れることもできませんので男性専用の治療薬となります。
料金は28錠5000円前後で個人輸入店にて購入することができます。
服用のやり方は1日1錠水かぬるま湯で経口投与するだけです。
育毛業者に通うことに比べれば料金は良心的ですがそれでも負担が大きい額となっています。
経済的負担をさらに軽減するならば同じフィナステリド含有プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアは料金が抑えられたものになっています。
フィンペシアは成分はもちろん同じ、服用のやり方も変わりません。
やり方は1日1錠水かぬるま湯で経口投与する同じ方法です。
成分量もプロペシアとおなじくフィナステリド1mgとなっています。
料金は30錠2000円前後で、プロペシアと比較すると半額近く料金を軽減することができます。
こちらも男性専用の医薬品となります。
フィナステリド服用中、服用中止後1か月は献血は不可能です。
副作用は肝機能障害、食欲不振、体毛濃化が確認されていますので、肝機能障害をお持ちの方は服用の際は医師にご相談ください。