AGA治療成分フィナステリドとは

育毛剤フィナステリドは5α還元酵素阻害薬に分類される成分で、男性型脱毛症(AGA)や前立腺肥大症の治療薬として用いられています。
AGA治療では薬物療法を選択した際に、症状の進行を抑える目的で処方される薬となります。
AGAは悪性の男性ホルモンと呼ばれるジヒドロテストステロン(DHT)が高濃度で生成されると、ヘアサイクルを狂わせて毛が抜けやすくなり、さらに成長さえできなくなると言われています。
このDHTを生成する物質が、男性ホルモンであるテストステロンと5α還元酵素の2つで、両者が結びつくとDHTへと変性するようになります。
そのため、フィナステリドを成分にした治療薬を服用すると、5α還元酵素が阻害されDHTの生成が抑制されることでヘアサイクルが正常な状態に戻り、AGAの進行が止まることで脱毛や薄毛の状態が改善されます。
このフィナステリドの5α還元酵素への作用は、その他の治療薬の作用にあまり影響が出ないのが特徴で、様々な薬との併用が可能となっています。
併用禁忌薬は現在のところ存在しておらず、AGA治療で発毛を促進させると言われるミノキシジルとの併用や、ED治療薬、抗うつ剤などといったものとも同時に使用することが可能です。
フィナステリドの副作用の発生率は非常に少なく、安全性のあるものと言われていますが、ごく稀に性欲減退や勃起障害、精子減少、うつ症状、肝機能障害などが起こるとされており、軽度なものは少なく重症化するものが多いことでも有名です。
AGA治療においてはフィナステリドによって、薄毛の進行を食い止めることはできますが、発毛や育毛そのものには働きかける効果はないので、薄毛を早く治したい人では育毛剤などと併用するのが効果的だとされています。

フィナステリドとミノキシジルについて

自信満々な医者男性型脱毛症(AGA)は進行性の症状で、頭頂部または前頭部の生え際、あるいは両方の髪の毛が抜け落ちて成長が止まることで、髪の毛が薄くなってしまいます。
日本国内ですでに1,000万人以上もの男性が悩みを抱えており、AGA専門のクリニックが開設されるなど、その症状が如何に問題となっているかがよく分かります。
AGA治療では頭皮のケアなども行いますが、そのほとんどが進行を食い止めるほどの効果はなく、最も有効的とされる2種類の薬を使って治療をするのが主となっています。
2種類の薬はAGAの進行を食い止める作用のあるフィナステリドと、薄くなった頭に対して発毛を促進するミノキシジルで、どちらも即効性はなく、長い時間をかけて治療することになります。
そのため薬代が高くつくことから、ネット通販による個人輸入で薬を購入する人がほとんどです。
気になる価格ですが、フィナステリドは1箱28錠入りで5,500円前後、1日1錠を服用するのでおよそ1ヶ月分となります。
フィナステリドにはジェネリック医薬品も多く販売されていて、100錠で3,000円前後となっていることもあるので、成分さえ問題なければ安いのが良いという人はジェネリックを選択すると良いでしょう。
ミノキシジルでは育毛剤に配合されたものではなく、基本的には内服タイプのもので1箱100錠入りで3,500円前後となり、1日に2錠を使用するとしても50日分はあります。
最近ではフィナステリドとミノキシジルを併用することがあたりまえとなってきているからか、ネット通販でもセットで販売しており、フィナステリド28錠入りを2箱とミノキシジル100錠入りで、14,000円前後となっており、この方法だと更に安く買い求めることが可能です。

フィナステリドの副作用に要注意

妊婦フィナステリドはもともとは前立腺疾患の治療のために、医療現場で使用されていた成分です。
フィナステリドが配合している薬で有名なのは「プロペシア」があり、現在では、男性型脱毛症の治療において多く使われています。
男性型脱毛症、通称AGAの発症には、男性ホルモンとそれを発毛阻害物質に変換してしまう特定酵素の存在が大きく関係しています。
そのため、AGAの症状の進行を食い止めるためには男性ホルモンと特定酵素の分泌に働きかける成分が必要で、それを持っているのがプロペシア(フィナステリド)と言うわけです。
AGAの原因に直接、働きかけることができるため、その効果はとても大きなものが期待できるとされています。
ただし反面、フィナステリドに関しては副作用への注意も配慮すべきだとされています。まずは、男性機能に対する副作用です。
これにはたとえば、性欲減退や勃起不全、精子の減少などが挙げられます。これはフィナステリドが男性ホルモンに働きかける作用を持っているためです。
またこの点に関して言えば、胎児が男児であった場合には、妊婦がフィナステリドの成分に少しでも触れるだけで、その性器形成に障害が発生するおそれがあることも指摘されています。
そのため女性のフィナステリド服用は禁止されていますし、妊婦や妊娠を希望している女性は、その錠剤の割れた欠片にすら触れることが禁じられています
またやはり男性ホルモンに働きかける作用から、うつ症状の副作用も指摘されています。
この他には、もともと肝機能が低下している人の場合には肝機能障害や肝臓疾患が出てくることがあることも明らかになっています。
こうしたフィナステリド服用の副作用は、実はそれを摂取している間だけに起こるものとは限りません。
服用を終えた後や、諸事情によって服用を中断した後に、突然、出てくることもあり、これはポストフィナステリド症候群と呼ばれています。
頭皮のかゆみがみられたり、頭皮に湿疹などがみられる場合もありますので、そういった場合には直ちに使用を中止し、医療機関にて医師の診察を受けてください。

あわせて読みたい記事